組合の概要

組合の沿革

 当広域圏は広域市町村圏振興整備措置要綱に基づき昭和44年7月に圏域の指定を受け、同年10月福井坂井地区広域市町村圏協議会として発足し、昭和45年4月一部事務組合に移行しました。昭和48年に清掃センター破砕施設、翌49年に焼却施設が完成しました。
 清掃センターの老朽化に伴い、平成7年10月には現在の清掃センターが稼動し、翌8年9月にはごみの焼却に伴う余熱を利用した【YONETSU-KANささおか】が完成、同年10月から営業を開始しました。YONETSU-KANささおかは、平成21年12月より指定管理者制度を導入し運営しています。
 また、平成11年4月には新しい最終処分場が完成し現在に至っています。

 電子計算組織の共同利用については、昭和50年に電子計算機を導入し標準業務の仮名バッチシステムの運用を開始、昭和60年には住民情報漢字オンラインシステムが稼動しました。また、平成13年4月からアウトソーシングを導入し、平成14年11月に分散システムが本稼動しました。平成21年11月からは福井市が一部業務を残して単独利用システムに移行し、平成22年8月に総合行政情報システム最適化基本計画を策定しました。平成23年11月からは残る3団体が利用する総合行政情報システムが本稼動しています。福井市については、平成24年3月をもって電子計算組織の共同利用から離脱しました。
 さらに、平成12年より、構成市町の観光資源を有機的に結びつけ、観光客誘致と滞在型観光への転換に積極的に取り組むため、広域観光事務の取り扱いを開始しました。平成21年4月には、本組合を含む福井坂井広域観光圏推進協議会が進めてきた「福井坂井広域観光圏」が国の認定を受け、更に平成22年7月には大野・勝山市を加えた「福井坂井奥越広域観光圏」としてエリアの拡大が図られました。

  

組合の機構

組合機構図組合機構図2013

■議      会  各市町議会選任議員で構成
■管 理 者 会  各市町長および管理者の属する市町の副市長で構成
■副市町長会議  各市町の副市町長で構成
■連 絡 会 議  構成市の企画担当部長及び企画・人事・財政担当課長及び
             町の総務・企画・財政担当課長で構成
■監 査 委 員  議会の同意を得て、組合議員及び構成市町の識見者のうちから選任
 
 

組合の連絡先

福井坂井地区広域市町村圏事務組合
  〒919-0726  あわら市笹岡33-3-1

■ 総務課     TEL 0776-74-1324    Fax 0776-74-1315
            E-mail   soumu@fs.kouiki.fukui.fukui.jp
 
■ 清掃センター TEL 0776-74-1314    Fax 0776-74-1315
            E-mail   seisou-c@fs.kouiki.fukui.fukui.jp

  

 

【 圏域の概要 】 に戻る     【 事務組合の概要 】 に戻る     【事業の概要】にすすむ

  

関連ファイル

★H27 広域圏の概要(PDF形式:1,482KB)

このページは役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった