圏域の概要

位置及び地勢・面積・人口

福井県内の広域圏  当圏域は福井坂井地区広域市町村圏と称し、3市1町で構成され、北は石川県に、東は白山連峰を背にした大野・勝山地区広域市町村圏に、南は丹南地区広域市町村圏に接し、西は日本海に面しています。
 総面積は957.43㎢で、福井県の22.85%を占め、中心部の福井平野を九頭竜川が西流し、北部の竹田川、東南部の足羽川、日野川により広大な穀倉地帯を形成しています。
 圏域の東部及び西南部には緑豊かな山林が広がり、北部は緩やかな丘陵地帯となっています。西部の海岸地帯には東尋坊などの景勝地が多く、越前加賀海岸国定公園に指定されています。
 平成27年4月1日現在の人口(「福井県の人口と世帯(推計)」による。平成22年国勢調査の結果を基礎とし、これに毎月、市町から報告される住民基本台帳の増減数を加えて算出)は402,908人(男193,999人・女208,909人)で、福井県の総人口786,024人に対して約51.26%を占めています。

福井坂井地区広域圏図 

構成市町
市部 福井市、あわら市、坂井市
郡部 永平寺町(吉田郡)

産業

1)農林水産業
 圏域の耕地面積のうち89.4%(*1)が水田で、平野部を中心にコシヒカリ等の良質米産地となっています。また畑は10.5%(*1)を占め、北部の丘陵地帯を中心に多角的農業経営が進められています。販売農家のうち80.7%(*1)が第2種兼業農家です。
 林業においては、圏域面積957.41㎢のうち52.8%にあたる505.43㎢(*1)を林野が占め、そのうち人工林は58.8%(*2)に達していますが、ほとんど育成期にあります。
 水産業は沿岸漁業を中心に営まれていますが、漁場は越前加賀海岸国定公園内にあり、海水浴客や観光客と結びついた観光漁業の振興が図られています。

 (*1)平成24~25年「福井県農林水産統計年報」  (*2)平成24年度福井県統計年鑑


2)商工業
 工業は従来、合繊織物、織マーク、ちりめん等の繊維工業が中心でしたが、現在では近年の産業構造の変化に伴い化学、電子工業等の諸工業が盛んです。圏域の製造品出荷額等(従業者4人以上の事業所)は8,655億円で、県全体の19,343億円に対し、44.7%(*3)を占めています。
 商業は嶺北一円を商圏として福井市を中心に発展しており、圏域の販売額は11,850億円(*4)で、県全体の18,175億円に対し、65.2%を占めています。  

  (*3)平成24年「福井県工業統計調査」  (*4)平成24年「経済センサス」

 

3)観 光
  東尋坊に代表される越前加賀海岸国定公園やあわら温泉、曹洞宗大本山永平寺、丸岡城、一乗谷朝倉氏遺跡等の景勝地や史跡に恵まれ、年間約1131.8万人(*5)の観光客を受け入れています。また各市町では、年間を通じて多彩なイベントやまつりが開催され、コンベンション活動とともに観光客の誘致が図られています。

(*5)平成26年「福井県観光客入込数(推計)」

【 事務組合の概要 】 にもどる       【組合の概要】にすすむ

 

関連ファイル

★H27 広域圏の概要(PDF形式:1,482KB)

このページは役に立ちましたか?

役に立った  どちらともいえない  役に立たなかった